プロフィール


中島かつき(Bass)


1971年京都生まれ 13歳から兄弟の影響でベースを始める。15歳よりギター
を手にし、バンドでヴォーカル&ギターを担当、16歳の時YAMAHAヴォーカル
コンテストで優勝、その当時は数えきれないセッションをこなす。

23歳にしてエレベに復帰、クラブメトロの「COOL TO KOOL」に3年間レギュラー
出演、現在のスタイルが確立される。リスペクトするブラックミュージックの影響を受けたグルーヴ感には定評があり、その方面のアーティストオファーが多い。2001年は「コブクロ」のサポートメンバーとしてツアーに同行
共演ミュージシャンに、スティーブルカサー、エドガーウィンター、東原力哉、
ブラザートム、塩次伸二、マーティブレイシー、永井ホトケ隆、MAKOTO、等・・
CATミュージックスクールでの講師も務める

トシ・ヒケタ(Gt)

 

日本人初の全米デビューロックギタリスト。
OSM卒業後、ロサンゼルスに活動の拠点を移し、

ヴァンヘイレンのヴォーカリスト、
David率いる『David Lee Roth Band』の正式メンバーとなりワールドツアーを廻る。
2003年には自己のインストバンド『Hideous Sun Demons』でもデビューを果たす。
2004年7月4日の独立記念日には日本人として初のボストンポップスのステージに立ち、40万の前で演奏。現在は、ビリー・シーンやレイ・ルジアー、スティーブン・セガール、元XJAPANのYOSHIKI等とのセッションやレコーディングでも活躍中。

2011年にTri Horn Buffaloを結成。

Tri Horn Buffalo

ふさはらただひろ(Trp)

 

1991年ニューヨーク州で行われた、
International association of Jazz schoolに参加。
デイブ・リーブマン(Sax)に推薦され、日本代表として「国際連合」内にて演奏する。大阪音楽大学を中退後渡米、ニューヨーク芸術大学に入学。
マンハッタン各地のジャズクラブ、ライブハウス等にて演奏活動
2008年ソロアルバム"Silent In Smile" 製作 (東原力哉(Dr)プロデュース)
NANIWA EXPRESにSoloゲストプレイヤーとして参加。
ボビー・ヘブ(Vo Gt)来日公演に参加 (東京 大阪 Billboard LIVE)
近年ではソロプレイヤーとして、村上"ポンタ"秀一(Dr) 山下洋輔(P)

らと共演する傍ら、久保田利伸 ゴスペラーズ 堂本 剛(Kinki Kids) 

鈴木雅之 等のアーティストサポートに参加するなど、

ジャンルの枠を超えた音楽的才能を発揮している。

稲谷 浩(Sax)

 

大阪音楽大学卒業後、関西を中心にジャズをベースにしたロック、

ポップス、テクノなど幅広いジャンルで活躍するマルチサックスプレーヤー。
最近の活動として、2009年から、やしきたかじん,愛内里菜コンサートメンバーとしても全国ツアーに参加。半野喜弘率いる「RADIQ SEPTET」にて2010サマーソニック出演、同バンド2ndアルバム発売。

また、持田香織(EveryLittleThing)2ndソロアルバム「NIU」参加。
その高い演奏技術はプロをも唸らせる。軽快なトークと笑いの絶えないおしゃべりからは想像できないその日本人離れしたスピリチュアルなプレーを通して、

息の止まるような激しい世界を…あるいは癒しの静寂空間を

自由自在に造る音旅行への案内人…幅広い層のファンを深く魅了してやまない。

屋敷 豪太(Dr)


1982年、ミュート・ビート、MELONのメンバーとして活動。
イギリスに活動の場を移し、1989年に全英チャート5位を記録した
ソウル・II・ソウルのシングル「Keep on Movin'」にてプログラミング担当した。
1991年、イギリスにて「Simply Red」にドラマーとして加入。
現在、新堂本兄弟 藤井フミヤ 槇原敬之 情熱大陸LIVE 等で活動。

星山 哲也 (Dr)

 

ツーバスを駆使したテクニカルなプレイに、
トライバルなフィーリングを加えたスタイルが話題に。
劇団四季ミュージカル「ライオンキング」にパーカッショニストとして参加。
浜崎あゆみ・宇多田ヒカル・EX.BOLD・misono・KellySimonz・SABROSURA DEL SONIDO 他、さまざまなアーティストサポートや録音に参加。
その他、
Tri Horn Buffalo CM録音等スタジオミュージシャンとしても活動中!